光回線

【簡単これだけ!】事業者変更承諾番号の取り方とお得な切り替え

【簡単これだけ!】事業者変更承諾番号の取り方とお得な切り替え

https://ishikawa-blog.com

初めての人でも出来る事業者変更承諾番号の取り方について解説していきます。事業者変更承諾番号の取得には、契約中のコラボ事業者へお問い合わせが必要です。コラボ事業者にて実施している手続き方法を行い事業者変更承諾番号を取得しましょう。

また、転用承諾番号と事業者変更承諾番号は似ていますが、手続きが異なるためそれぞれの取得方法も確認しておきましょう。

参考
【手続き簡単】サクッと出来ちゃう転用承諾番号の取り方ガイド
【手続き簡単】サクッと出来ちゃう転用承諾番号の取り方ガイド

初めての人でも出来る転用承諾番号の取り方を解説します。転用承諾番号は、わざわざお店に行かなくても自宅や移動中などにスマホやパソコン ...

続きを見る

事業者変更承諾番号を取得してみよう

それでは早速、事業者変更承諾番号を取得してみましょう。

まずは、現在の契約書類を用意し確認することをおすすめします。書類が手元になくても契約者情報など覚えていれば特に不要です。

事業者変更承諾番号の取得方法はコラボ事業者にて行なっています。

  • お店で手続き
  • 電話

2021年11月時点では、WEBで手続きできる事業者を確認できておりません。
今後は、WEBで手続きできるようになるのではないかと思いますが、いつ頃なのかは現時点ではわかっていません。

ドコモ光から事業者変更する方はこちら

SoftBank光から事業者変更する方はこちら

事業者変更承諾番号の取得に必要な情報

事業者変更承諾番号を取得するには、契約中のコラボ事業者にて手続きした契約者情報が必要になります。

契約内容の確認には、下記の情報が必要です。

  1. 名義確認
  2. 光回線の利用住所
  3. その他確認に必要な顧客情報

スマホを契約する時と同様に、契約者本人が手続きをするようにしましょう。

コラボ光の名義と契約者の確認について

名義の区分は2つあります。

  • 個人
  • 法人

契約者の名前と電話番号についても確認しておきましょう。

結婚して苗字が変わった方もいらっしゃると思いますので、その場合はコラボ事業者にその旨を相談しましょう。

場合によっては、名義変更してからの手続きになる場合もあるかもしれません。

光回線の利用住所とは

利用している住所のことなので、文字通り設置場所の住所です。

番地や部屋番号など、申し込み時と一致しないと情報があっていても登録上と不一致となりエラーとなる場合もあります。

その他確認に必要な顧客情報に関して

コラボ事業者によって確認事項が異なります。

事業者変更承諾番号が取得できたら

事業者変更承諾番号が取得できたら再度確認しておきたい事項をご紹介します。

事業者変更承諾番号の有効期限について

事業者変更承諾番号には、有効期限がありますので注意しましょう。
取得から15日間が期限です。それを過ぎると無効となり再取得が必要になります。

コラボ光の自動解約について

事業者変更承諾番号の取得後に契約中のコラボ光が即解約になることはありません。
取得後も引き続きひかり電話やインターネットが利用できます。
解約のタイミングは、次の事業者変更先で契約が完了した後になります。

事業者変更で引き継げないオプションサービスについて

事業者変更で引き継げないオプションサービスが一部あります。
こちらは事業者変更前に、契約中のコラボ事業者に確認をしましょう。

【重要】事業者変更する前に絶対に確認しておきたいこと

事業者変更の手続きを行う前に必ず確認しておくべきことがあります。

それは、お得なキャンペーンやキャッシュバックなどが適用されるのかです。

頻繁に事業者変更することはないと思いますので、数年に一回のペースで切り替えるなら多少手間だとしても、キャッシュバックや割引など優遇された内容で契約した方が断然お得です。まずは、切り替え前に情報を確認して比較しておきましょう。

必ず解約新規と比較すること!

お店の従業員さんがよく比較で提案してくれる解約新規ですが、提案する理由は単にお客さんが得をするからです。

しかし、わざわざ解約してまた新規で申し込みするのって、なんだか面倒な感じで気が引けますよね。

とはいえ、数年に一度の切り替えタイミングです。インターネットや固定電話は、契約した事業者にてスマホとセットで長期利用になりうることが想定されます。

ということは、申し込むなら断然お得な契約をして長期利用した方が良いですよね。

事業者変更でもお得なキャンペーンがありますが、あえて解約して新規で申し込むことで、高額なキャッシュバックを受け取れることが多々あります。
各社時期によってキャンペーンの内容が異なりますので、まずは事前に確認しておきましょう。

解約した時の解約金と新規で申し込んだ時の工事費については、これら費用が全て実質無料になるキャンペーンを各社WEB申し込み限定で手続きを行なっています。

詳細を確認してから事業者変更にするか解約新規にするか決めましょう。

事業者変更と解約新規を比較したときのメリット・デメリット

事業者変更と解約新規を比較して、メリットとデメリットについてみていきましょう。

事業者変更のメリット
  • 事業者変更承諾番号を取得して切り替え先で手続きするだけなのでとても簡単
  • 切り替えに対する不安や心配がほとんどない
事業者変更のデメリット
  • 一部サービスを引き継げない
  • 新規契約を上回る特典や高額なキャッシュバックがない
解約新規のメリット
  • 新規工事費が無料になる
  • NTT光回線なら無派遣工事
  • 解約違約金のキャッシュバックがある
  • お得なキャンペーンがたくさんある
  • 手続きが簡単
解約新規のデメリット
  • 解約の手続きが必要
  • 更新月以外では解約違約金が発生する

【まとめ】事業者変更する前に絶対に知っておきたいこと

事業者変更する前に、解約新規でお得な契約ができないか先に確認しておきましょう。

実際は事業者変更よりも解約新規の方がお得なケースがたくさんあります。

比較してから事業者変更しても遅くないので必ず確認をおすすめします。

こちらに参考になる記事を用意しました。お時間がある時にでも読んでみてください。

参考
知らなきゃ損する解約新規!なぜ光回線は解約新規がお得なのか
知らなきゃ損する解約新規!なぜ光回線は解約新規がお得なのか

今まで利用していた光サービスから別の光サービスに切り替えを検討している方は、必ず解約新規について知識を持っておくことをおすすめしま ...

続きを見る

-光回線

© 2022 TAKAHI