SoftBank光 光回線

結構違う!ソフトバンク光とフレッツ光の違いを比較してみた

2021年11月13日

https://ishikawa-blog.com

家電量販店の携帯コーナーやソフトバンクショップなどで、インターネットの料金診断を受けたことがあると思います。

そこでよく耳にするのがフレッツ光です。フレッツ光をご利用中なら「お得です」「料金が安くなります」なんて言われますが、果たして本当でしょうか。

そこで今回は、SoftBank光とフレッツ光の違いについてまとめてみましたので、光回線を検討している方や色々と調べている方のお役に立てれば幸いです。

フレッツ光とは

フレッツ光

フレッツ光は、光回線の提供や回線工事、その他関連サービスを提供しています。

よく間違えるフレッツ光に対する認識

フレッツ光で提供しているサービスは光回線です。インターネットサービスは、プロバイダが提供しています。この2つが混合している方は非常に多いです。

つまり、光回線でインターネットを利用しているユーザーは、光回線の月額料金プロバイダの月額料金の2つを支払っています。

フレッツ光を利用したサービス

光回線が利用できると関連サービスを利用できます。

  • ひかり電話
  • フレッツ・テレビ
  • インターネット

ひかり電話

自宅でアナログ電話を利用している方だと、安くても毎月(税込)1,760円の維持費が掛かっています。そこに通話料が付くと更に料金が高くなります。

ひかり電話の場合は、月額料金(税込)550円〜利用できるので、アナログ電話よりも維持費がかなり安くなります。

アナログ電話の通話料は、通話時間と通話先の距離(自宅~20km〜60km〜)で変動するので、通話料のコントロールが難しいです。

一方でひかり電話からひかり電話に通話した場合、3分/8.8円で国内通話が利用できるのでとても安いです。

フレッツテレビ

自宅の屋根にアンテナを立ててテレビを視聴している方がいらっしゃると思いますが、光回線を利用すればアンテナがなくてもテレビが視聴できます。

アンテナは、設置工事費だけで毎月無料でテレビが視聴できるのがメリットになります。アンテナの寿命は平均10年程度で、設置費用は約2万円程度なので長期で使い続けるとお得です。

しかし、悪天候時にテレビの映像が乱れたりすることもあり、光回線の場合ではそういった影響を受けません。また、アンテナを屋根に付けない場合だと住宅の見栄えも変わってきます。

一方でフレッツテレビの場合、設置工事費の他にフレッツテレビ伝送サービス利用料495円(税込)とテレビ視聴サービス利用料330円(非課税)が毎月発生します。

月々コストが発生しますが、(2021年11月時点)スカパーも一緒に申し込むと工事費用が無料になる大きなキャンペーンもあり、光回線で地デジとスカパーの両方が楽しめるのも魅力の1つです。

スカパーは有料サービスなので、別途月額費用が掛かります。料金はプランによって変わります。

詳しくはこちらをご覧ください。

インターネット

インターネットが高速通信で利用できます。インターネットの利用には別途プロバイダへの申し込みが必要です。フレッツ光の光回線は、ほぼ全てのプロバイダと契約できるので、任意でお好きなプロバイダと契約ができます。

フレッツ光まとめ

フレッツ光は、光回線と関連サービスを提供している

フレッツ光で利用できるサービス

  • ひかり電話
  • フレッツテレビ
  • インターネット
  • スカパー
  • その他関連オプション

SoftBank光とは

SoftBank光

SoftBank光とは、フレッツ光の光回線サービスを使って提供する光インターネットサービスのことで、利用環境はフレッツ光と変わらないのですが、ソフトバンクの携帯電話を契約していると対象の料金プランに永年毎月割引が付与されます。

よく間違えるSoftBank光に対する認識

SoftBank光で提供している光サービスは、フレッツ光のサービスそのものです。契約先がフレッツ光からSoftBank光に変わることはあっても、現在利用中のフレッツ光が撤去される訳ではないので、フレッツ光をSoftBank光として引き続き利用することができます。

フレッツ光でしか利用できないオプションは、SoftBank光にまとめることはできません。継続して利用する場合は、フレッツ光に問い合わせて詳細を確認をしましょう。

最大の注意点としては、プロバイダはYahoo!BB(ヤフーBB)しか使えませんので、プロバイダにこだわりがある方や別途有料サービスを使っている方は、切り替え前に事前確認をしておきましょう。

SoftBank光を利用したサービス

SoftBank光が利用できると関連サービスを利用できます。

  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック
  • ホワイト光電話
  • 光電話(N)
  • BBフォン
  • SoftBank光テレビ
  • インターネット

光BBユニットレンタル

光BBユニット

光BBユニットという、ソフトバンク株式会社で開発した接続機器があり、その機器をレンタルするサービスのことです。簡単にいうと、光BBユニットは市販されている無線ルーターと同じような役割になります。

光BBユニットレンタル月額料金

光BBユニットレンタルは、税込513円/月の費用が発生しますが、SoftBank光と同時申し込みで初月無料になります。

また、おうち割光セット適用の場合は、Wi-Fiマルチパックホワイト光電話または光電話(N)またはBBフォンの月額料金を含めて税込550円/月で利用でき、且つ永年1,100円/月の割引がSoftBank契約中の家族にも適用されるのでとてもお得です。

Wi-Fiマルチパック

Wi-Fiマルチパックの特徴は2つあります。

  • 自宅でWi-Fiが使える
  • 外出先でWi-Fiが使える
自宅でWi-Fi

自宅でWi-Fi接続できるのは、光BBユニットが無線ルーターとして機能しているからです。

外出先でWi-Fi

BBモバイルポイントのステッカーが貼ってあるお店や場所でSoftBankが提供するWi-Fiが使えます。

BBモバイルポイントが使えるエリアを知りたい方は下記リンクより調べられます。

このマークがあるお店や場所が対象です。

BBモバイルポイント

無線LANの電波は、屋内で25m〜50m程度の範囲です。障害物があるとこの範囲より狭くなります。

Wi-Fi機器は、IEEE802.11n対応です。

別途「公衆無線LAN」のお申し込みが必要です。

Wi-Fiマルチパック月額料金

Wi-Fiマルチパックの利用には月額費用が掛かります。

税込1,089円/月が掛かりますが、SoftBank光と同時申し込みなら初月無料です。また、光BBユニット単体での申し込み費用も別途発生するので税込513円/月掛かりますが、こちらもSoftBank光と同時申し込みで初月無料になります。

また、おうち割光セット適用の場合は、Wi-Fiマルチパックホワイト光電話または光電話(N)またはBBフォンの月額料金を含めて税込550円/月で利用でき、且つ永年1,100円/月の割引がSoftBank契約中の家族にも適用されるのでとてもお得です。

ホワイト光電話

いわゆる自宅で使う固定電話(光電話)のサービスです。サービスの特徴は、ソフトバンク携帯電話と24時間無料で通話できるサービスです。

ホワイト光電話には、基本料金プランが3つあります。

  • 基本プラン
  • 基本プランα(アルファ)
  • だれとでも定額 for 光電話
基本料金
基本プラン 基本プランα だれとでも定額 for 光電話
税込513円/月 税込1,037円/月 税込1,551円/月
基本料金プラン

毎月の料金を安くしたい方向けのサービスです。オプションなしで税込513円/月で利用できます。(おうち割適用時は税込550円/月)

オプションは任意で申し込みできます。

基本料金プランα

国内の固定電話を対象に、最大3時間の無料通話(税込528円分)5つのオプション(税込1,760円/月)がセット使えるプランです。

月額は税込1,037円です。(おうち割適用時は税込1,100円/月)

5つのオプション

番号表示サービス 税込440円/月
番号通知リクエストサービス 税込220円/月
キャッチ電話サービス 税込330円/月
着信転送サービス 税込550円/月
着信お断りサービス 税込220円/月
だれとでも定額 for 光電話

国内の固定電話を対象に、国内通話/1回10分以内/月500回まで無料5つのオプション(税込1,760円/月)がセット使えるプランです。

月額は税込1,551円です。(おうち割適用時は税込1,650円/月)

5つのオプション

番号表示サービス 税込440円/月
番号通知リクエストサービス 税込220円/月
キャッチ電話サービス 税込330円/月
着信転送サービス 税込550円/月
着信お断りサービス 税込220円/月
おうち割適用時の基本料金

おうち割が適用されると基本料金が変わります。

基本プラン 基本プランα だれとでも定額 for 光電話
税込550円/月 税込1,100円/月 税込1,650円/月
通話料金

国内固定電話宛

基本プラン 基本プランα だれとでも定額 for 光電話
おうちのでんわ/ホワイト光電話/BBフォン宛
24時間無料
上記以外宛全国一律8.789円/3分 上記以外宛
1回10分以内/月500回まで無料

携帯電話宛

基本プラン 基本プランα だれとでも定額 for 光電話
ソフトバンク宛24時間無料
上記以外宛17.6円/分
1回10分以内/月500回まで無料

ソフトバンク宛の通話を24時間無料にするには、ホワイトコール24というサービスへ申し込みが必要です。ホワイトコール24の利用料と登録料は無料です。
ソフトバンク宛は無料になりますが、ワイモバイルとラインモは対象外です。

オプションサービス
番号表示サービス 税込440円/月
番号通知リクエストサービス 税込220円/月
キャッチ電話サービス 税込330円/月
着信転送サービス 税込550円/月
着信お断りサービス 税込220円/月

光電話(N)

自宅でアナログ電話を利用している方だと、安くても毎月(税込)1,760円の維持費が掛かっています。そこに通話料が付くと更に料金が高くなります。

光電話(N)の場合は、月額料金(税込)550円〜利用できるので、アナログ電話よりも維持費がかなり安くなります。

アナログ電話の通話料は、通話時間と通話先の距離(自宅~20km〜60km〜)で変動するので、通話料のコントロールが難しいです。

一方で光電話(N)からひかり電話に掛けた場合、3分/8.8円で国内通話が利用できるのでとても安いです。

上記、フレッツ光のひかり電話と同じです。

基本料金
基本プラン(N) スマート基本プラン(N)
税込550円/月 税込1,650円/月

おうち割が適用されても上記の料金が変わることはありません。

基本プラン(N)

月額550円で固定電話を持つことができます。オプションなしで通話料は別途料金が発生します。

オプションは任意で申し込みできます。

スマート基本プラン(N)

最大3時間の無料通話とオプションが全て揃ったプランです。オプションだけで税込1,870円するところ月額1,650円で利用できます。

オプションはこちら

番号表示 税込440円/月
番号通知リクエスト 税込220円/月
キャッチ電話 税込330円/月
多機能転送 税込550円/月
着信お断り 税込220円/月
着信お知らせメール 税込110円/月
通話料金

国内固定電話宛

基本プラン(N) スマート基本プラン(N)
税込8.8円/3分 税込8.8円/3分
最大3時間無料通話付き

最大3時間の無料通話(税込528円分)

携帯電話宛

基本プラン(N) スマート基本プラン(N)
税込17.6円〜税込19.8円/分
オプションサービス
番号表示 税込440円/月
番号通知リクエスト 税込220円/月
キャッチ電話 税込330円/月
多機能転送 税込550円/月
着信お断り 税込220円/月
着信お知らせメール 税込110円/月

BBフォン

SoftBank独自のサービスで、光BBユニットに接続することでIP電話(050番号)が使えるようになります。

基本料金は無料なので、契約しても使わなければ無料です。

契約するメリット

おうち割を適用させる際に、固定電話の契約が必要になります。その際に、固定電話を持っていない場合は固定電話が必要です。しかし、固定電話を使わないユーザーもいます。そんな時に、毎月無料のBBフォンがおすすめです。

もちろん、既存の固定電話の他にIP電話(050番号)が欲しいという方にもおすすめです。

基本料金

基本料金は無料です。

BBフォンの利用には、光BBユニットが必要です。光BBユニット単体での申し込みには別途513円/月掛かります。

通話料金

国内固定電話宛

おうちのでんわ/ホワイト光電話/BBフォン宛 24時間無料
上記以外宛 全国一律
税込8.789円/3分

携帯電話宛

ソフトバンク宛 24時間無料
上記以外宛 (23:00〜8:00)
税込22円/分
(8:00〜23:00)
税込27.5円/分

ソフトバンク宛の通話を24時間無料にするには、ホワイトコール24というサービスへ申し込みが必要です。ホワイトコール24の利用料と登録料は無料です。
ソフトバンク宛は無料になりますが、ワイモバイルとラインモは対象外です。

オプションサービス

BBフォンには、オプションサービスはありません。

ソフトバンク光テレビ

自宅の屋根にアンテナを立ててテレビを視聴している方がいらっしゃると思いますが、光回線を利用すればアンテナがなくてもテレビが視聴できます。

アンテナは、設置工事費だけで毎月無料でテレビが視聴できるのがメリットになります。アンテナの寿命は平均10年程度で、設置費用は約2万円程度なので長期で使い続けるとお得です。

しかし、悪天候時にテレビの映像が乱れたりすることもあり、光回線の場合ではそういった影響を受けません。また、アンテナを屋根に付けない場合だと住宅の見栄えも変わってきます。

一方でソフトバンク光テレビの場合、設置工事費の他にテレビ伝送サービス利用料495円(税込)とテレビ視聴サービス利用料330円(非課税)が毎月発生します。

ソフトバンク光テレビ工事費
支払回数 テレビ接続台数
1台(税込) 2〜3台(税込)
一括 13,200円 26,400円
分割24回 550円 1,100円
分割36回 366円 733円
分割48回 275円 550円
分割60回 220円 440円

フレッツテレビ利用中の場合は、工事不要なので工事費がかかりません。

インターネット

インターネットが高速通信で利用できます。SoftBank光では、プロバイダ料金がセットになっているので別途プロバイダ料金が発生しません。

しかし、ソフトバンク光を申し込むとプロバイダはYahoo!BB(ヤフーBB)になりますので、既存で契約しているプロバイダを解約しないと料金が重複して発生してしまいますので注意しましょう。

ソフトバンクの光回線はフレッツ光と同じなので、既に工事が完了している場合は、SoftBank光に転用手続きすることで工事不要で切り替えできます。その際に発生する費用は、契約事務手数料3,300円(税込)だけです。

SoftBank光まとめ

SoftBank光は、フレッツ光のサービスをほぼ引き継いでいる

プロバイダがYahoo!BB

SoftBank光で利用できるサービス

  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック
  • ホワイト光電話
  • 光電話(N)
  • BBフォン
  • SoftBank光テレビ
  • インターネット

SoftBank光とフレッツ光を比較

SoftBank光とフレッツ光の比較

SoftBank光とフレッツ光を比較してみましょう。

参考
ドコモ光とフレッツ光を比較
間違えるな!今更だけどドコモ光とフレッツ光の違いって何?

スマホの機種変更をしに行くと、お店の人からインターネットの料金診断を受けたことがあると思います。そこでよく出てくるのがフレッツ光で ...

続きを見る

固定電話を比較

光電話(N)は、フレッツ光のひかり電話と同じサービスです。

ホワイト光電話とBBフォンは、ソフトバンクの電話サービスです。

また、フレッツ光でしか提供していないオプションは、SoftBank光へは引き継げません。

テレビサービスを比較

フレッツテレビをソフトバンク光テレビとして提供しているので、サービス内容は同じです。

インターネットを比較

フレッツ光とSoftBank光では、プロバイダに違いがあります。フレッツ光ではほぼ全てのプロバイダが利用できますが、プロバイダ料金が別途発生します。

SoftBank光では、Yahoo!BB(ヤフーBB)がセットになっているので別途プロバイダ料金は発生しません。

SoftBank光が提供するセットのプロバイダは、Yahoo!BB(ヤフーBB)なので、プロバイダにこだわりがある方はしっかり考えておきましょう。

会員サービスを比較

フレッツ光には、フレッツメンバーズクラブがあります。いわゆるポイントが貯まるサービスです。ポイントは商品と交換できます。会員サービスなので、SoftBank光に引き継ぐことはできません。

SoftBank光には、フレッツメンバーズクラブような会員サービスはありません。

サブスクリプションでのサービスなら各種あります。

結論|SoftBank光とフレッツ光を比較まとめ

結論

SoftBank光を選ぶ理由として、スマホとセットで割引を受けるところにメリットを感じます。デメリットは、Yahoo!BBに限定される点かと思います。

この他にも、人によってメリットデメリットは違ってくると思いますが、SoftBank光に切り替えることで料金が高くならないのであれば検討してもいいと思います。

SoftBank光とフレッツ光のよくある質問

SoftBank光とフレッツ光のよくある質問

SoftBank光に変えたら解約になりますか?

フレッツ光を利用中であれば、SoftBank光に転用手続きをしましょう。

転用することで、フレッツ光の設備を解約せずに引き続き利用できます。

SoftBank光へ切り替えは無料ですか?

契約事務手数料が税込3,300円掛かります。

支払いはどうなりますか?

フレッツ光からSoftBank光に変更した場合、請求はソフトバンクからきます。

工事する場合はありますか?

新規契約には派遣工事があります。

集合住宅の場合、VDSL方式、LAN方式、は派遣工事が発生する場合とそうでない場合があります。詳しくはSoftBank光センターからお知らせがきます。

お得な申し込み方法

オンライン手続きがおすすめ

SoftBank光を申し込むときは、オンラインから申し込みしましょう。

オンラインがおすすめ理由

  • キャッシュバック
  • 無料キャンペーン
  • 初期費用が安くなる
  • 申し込みが簡単
  • スマホから申し込める

オンラインから申し込む場合は、SoftBank光の代理店から申し込みになります。代理店は全国にありますが、オンラインでの窓口は全国規模ではありません。

今時点(2021年11月時点)で最もお得な申込先はこちらです。

SoftBankユーザーであれば更にお得なSoftBank光です。お申し込みはお店でもできますが、WEB申し込みの代理店もありますのでどっちがお得なのか詳細を確認して、お好きな方で申し込みしてください。

おすすめポイント1:オプションなしでこのキャッシュバックは最高額

特典内容が2つあり、どちらか1つを選べるようになっています。

特典A
対象区分 特典内容
新規 キャッシュバック
37,000円
転用 キャッシュバック
15,000円
事業者変更
特典B
対象区分 特典内容
新規 キャッシュバック
32,000円

【最新】第6世代
Wi-Fiルーター

WiFiルーターの型番:BUFFALO WSR-1800AX4S
発売時期:2021年4月

特典で受け取れるWi-Fiルーターと同じものをご自身で購入すると、現在(2021年11月時点)の価格相場では、約7,500円〜8,000円と推移しています。 実質で考える40,000円相当の還元になりますので、こちらもかなりお得です。

BUFFALO WSR-1800AX4S/NBK

BUFFALO WSR-1800AX4S/NWH

Wi-Fiルーターは、開通完了後、約1週間程度で発送になります。
Wi-Fiルーター本体の色については、代理店にご確認をお願いします。

おすすめポイント2:キャッシュバックの振り込みが早い

SoftBank光の課金開始月の翌々月末に振り込みされます。 (例)1月が課金開始月なら3月末日に振込

おすすめポイント3:とにかくオプションなし!

オプション加入が不要なのは、かなりありがたいです。 どうしても必要なオプションがあれば特典とは関係なく、純粋にお申し込みをおすすめします。

おすすめポイント4:ソフトバンク公式キャンペーン

ソフトバンク公式のキャンペーンもすごいです。

下記キャンペーンは、ソフトバンクが同時期に実施するキャンペーンと併用できない場合があります。

SoftBank光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン

キャンペーン期間中に、他社からの乗り換えでSoftBank光を新規契約し、適用条件を満たせば、普通為替最大24,000円分のキャッシュバックまたは月額料金が2年間毎月1,100円割引となります。

ADSL利用者限定 SoftBank光 回線工事費無料キャンペーン

対象のADSL(ホワイトBB, エンジョイBB, Nexyz.BB)からSoftBank光へ申し込みすると、回線工事費が無料になるキャンペーンです。

おうち割 光セット スタートキャンペーン

SoftBank光「おうち割 光セット スタートキャンペーン」とは、おうち割 光セットに申し込みし、ドコモ、au、UQモバイルの携帯の解約違約金が発生した場合、解約違約金の全額を毎月通信料金の割引に充当してくれる特典です。 解約金は税込10,450円なので、これを1,045円ずつ毎月割引し、10か月間割引が適用されます。

SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン

「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」とは、適用条件をすべて満たすとソフトバンク株式会社が定めるキャッシュバック設定金額により、他社違約金、撤去費用などを最大10万円(税込)までキャッシュバックいたします。

対象区分 特典内容
他社解約時の違約金 キャッシュバック
最大100,000円
割賦残債は税込42,000円まで
撤去工事費
アナログ電話復活工事費
モバイルブロードバンド割賦残
SoftBank光 開通前レンタル

SoftBank光を申し込みし、開通までの間ネット環境がない人に、AirターミナルまたはPocket Wi-Fi無料でレンタル提供してくれます。 レンタルには別途任意で申し込みが必要です。

SoftBank光の特典・キャンペーンまとめ

  • オプションなしでキャッシュバック最高額
  • 選べる特典どちらも魅力的
  • キャッシュバックの振込が早い
  • とにかくオプションなし
  • 解約または違約金の補填が手厚い
  • ネットが使えない期間Wi-Fi機器の無料レンタルがある

詳細はこちら:SoftBank光キャンペーン

お得な期間中にまずは詳細をチェックしておきましょう。

-SoftBank光, 光回線

© 2021 TAKAHI