Chatwork Chatwork基本編

チャットワークTO機能の使い方|メッセージ返信で使い分けしよう

2021年1月12日

https://ishikawa-blog.com

チャットワークを利用する時に、絶対に使いこなしたいのが『返信機能』と『TO機能』です。しかしこの2つの機能について、『いまいち違いがよくわからない!』そんな疑問はありませんか?

今回の記事ではこの2つの便利な機能について、詳しく解説を行います。

この2つの機能をしっかりと使いこなすことにより、チャットワークの利便性はさらに高まりますので、ぜひ使い方をマスターしてください!

チャットワークの返信機能とは?

チャットワークの返信機能は、既存のメッセージに対して返信をする機能です。そのため、過去に投稿されたメッセージがない場合は、チャットワークでは『返信』を行うことはできません。

また返信を行った人に対し、確実に通知も行われるのでグループチャットでも見逃すことがありません。

また、使用する際は『引用』と組み合わせての使用もおすすめです。
これらの機能と組み合わせて使用することで、メッセージ受け取り側が何に対して返信が行われているのかの把握が容易となり、コミュニケーションの効率化につながります。

返信をする方法

返信を行う時は、返信を行いたいメッセージにまずカーソルを合わせます。該当メッセージ下にメニューバーが表示されるので、その中から返信を選択しクリックします。

チャットワーク 返信 TO

メッセージ入力欄に、返信を行うためのショートコードが自動入力されるため、追加のメッセージや引用を追加入力し送信を行いましょう。

チャットワーク 返信 TO

引用をする方法

返信を行う際は、引用を組み合わせて使用するのも非常に有効的です。

その理由は、単に返信を行っただけでは、元のメッセージはメッセージ入力欄には直接表示されていないからです。そのため、元のメッセージを確認するには、メッセージ元を確認するをさらにクリックする必要があります。

チャットワーク 返信 TO

返信の際に引用を行い、元のメッセージをあらかじめ入力しておくことで、メッセージ受信相手が何に対しての返信が行われているのかが非常にわかりやすくなります。

チャットワーク 返信 TO

メッセージの引用は投稿されたメッセージ全体を引用することも、部分的に引用することも可能です。

メッセージ全体を引用する方法

メッセージ全体を引用したい場合は、引用したいメッセージにカーソルを合わせ表示されたメニューバーにある引用をクリックします。

チャットワーク 返信 TO

メッセージ入力欄に、引用されたメッセージのショートコードが自動入力されるので、追加で入力を行い送信しましょう。

チャットワーク 返信 TO

『引用』を使用する際の注意点は、引用をしただけでは相手側に通知が行われないと言うことです。そのため、特にグループチャットで引用を行う時は、必ずTOもしくは返信と組み合わせて引用を行うようにしましょう。

部分的にメッセージを引用する方法

部分的にメッセージを引用したい場合は、まず引用したいメッセージのハイライトを行います。引用の選択肢が表示されるため、メッセージに引用を選択してクリックしましょう。

チャットワーク 返信 TO

こちらも、メッセージ入力欄に引用されたメッセージのショートコードが自動入力されるので、追加で入力を行い送信しましょう。

チャットワークのTO機能とは?

チャットワークのTO機能とは、特定のメンバーに対してメッセージを送りたいときに使用する機能です。

チャットワークのユーザー環境設定にて、TO機能の通知のみONにしているユーザーも非常に多いので、特にグループチャット内では必ず使用するようにしましょう。また、返信元がない新しいトピックを開始する前にも、使用をおすすめします。

TO機能を使用する際は、メッセージ入力時にTOをクリックし、メッセージを送りたい相手を選択します。

チャットワーク 返信 TO

便利な機能TO ALL

TO機能には、もう一つ非常に便利なTO ALL機能が存在します。これはグループチャットで全員にTOをつけて送信する機能です。
こちらも多人数が参加するグループチャットで、全員に周知してほしいメッセージを送信する際は、必ず意識して使用するようにしましょう。
ただし、無駄にTO ALLを連発する行為は非常に嫌がられる行為ですので、注意して使用してください。

使用は非常に簡単で、メッセージ入力時にTOをクリックし、すべてのメンバーを選択&クリックするだけです。

チャットワーク 返信 TO

チャットワークの返信&TO機能の違いについてのまとめ

今回はチャットワークの返信およびTO機能についての解説を行いました。この2つの機能は、大まかにまとめると以下の利用方法がおすすめです。

TO機能&返信のおすすめの使い方

  • TO機能:グループチャットでは使用必須の機能。常にTOを使用してメッセージ送信を
  • 返信機能:個人宛のチャットルームおよびグループチャットでの使用をおすすめ。引用との組み合わせも効果的

返信機能は既存のメッセージに対して返信を行います。そのため新しいトピックを開始する時には適さないため注意しましょう。

また、グループチャットでは常にTO機能+相手を指定して返信を行うようにしましょう。TO機能を使用しないと、メッセージの見逃しが起こる原因となります。
グループチャット内で全体にメッセージを送る際には、確実に全員に閲覧してもらうためにTO ALL機能を使用することが非常に重要です。

まとめ記事

1

新型コロナの影響を受け注目を集めるのが、リモートワークやホームオフィスに役立つク ...

2

Slackは世界中で一番使用されているビジネス用チャットツールです。単なるメッセ ...

-Chatwork, Chatwork基本編
-

© 2021 TAKAHI