Slack Slack基本編

Slackの疑問|ワークスペースとチャンネルの違いを知りたい

Slackのワークスペースとチャンネルの違い

https://ishikawa-blog.com

初見でSlackを使い始めると必ず疑問に感じてしまうのが、ワークスペースとチャンネルについてです。

今回はそんな疑問について解説していきます。

Slackの仕様を理解しよう

Slackはメッセージツールです。Slackを使うことでメッセージを行うことができるのですが、そのためにはメッセージを行うためのトークルームが必要になります。

Slackでは、このトークルームをワークスペースと呼びます。ワークスペースがないとメンバー同士でメッセージをすることができません。

まずは、ワークスペースがないと機能しないことを理解しておきましょう。

ワークスペースとチャンネルの関係性

結論から申し上げると、ワークスペースの中にチャンネルが存在します。チャンネルの中にワークスペースが存在することはありませんので覚えておきましょう。

Slackワークスペースとチャンネルの違い

ワークスペースとチャンネルの関係性

ワークスペース毎の違い

ワークスペース毎に違いがあります。

  • メンバーが違う
  • チャンネルが違う

この他、ワークスペースを作成するときはメールアドレスの登録を行いますので、ワークスペース毎に紐付いているメールアドレスが存在します。なので、ワークスペース毎に異なるメールアドレスで登録を行うと登録されたメールアドレスが他のワークスペースと統一されていないので注意して管理が必要です。

こちらの記事を参考にしてください。

参考
Slackメールアドレス変更
メールアドレス|Slackでメールアドレスを変更する方法

Slackで登録したメールアドレスを変更する方法について解説していきます。初めて ...

続きを見る

チャンネル毎の違い

チャンネル毎に違いがあります。

  • パブリックチャンネル
  • プライベートチャンネル

パブリックチャンネルとは、誰でも利用できるオープンチャンネルです。プライベートチャンネルは、招待されたメンバーだけが利用できるクローズドチャンネルです。

こちらの記事を参考にしてください。

参考
Slackのパブリックチャンネルとプライベートチャンネルの違いを解説

Slackのワークスペースに招待されたら、チャンネルにも参加していきましょう。 ...

続きを見る

この他、チャンネルはワークスペース内に存在しているので、他のワークスペースには同じチャンネルは存在しません。他のワークスペースでも同じチャンネルを作成し、同じメンバーで運用すれば違うワークスペースでも同じチャンネルを運用できます。

Slackのワークスペースとチャンネルの違いまとめ

ワークスペースとチャンネルは全く違う仕様になっています。ワークスペースがないと何も始まらないという認識で問題ありません。

チャンネルは話題を区別して管理できるので、無関係の話題をミックスせずに限定して特化運用できます。

例えば、ラーメンのチャンネルではラーメンの話題、ゴルフのチャンネルではゴルフの話題、経済のチャンネルでは経済の話題、というように運用するのがチャンネルの使い方です。

ワークスペースに参加していないとチャンネル(話題)に参加できないので、まずはワークスペースに参加することから初めてください。

まとめ記事

1

新型コロナの影響を受け注目を集めるのが、リモートワークやホームオフィスに役立つク ...

2

Slackは世界中で一番使用されているビジネス用チャットツールです。単なるメッセ ...

-Slack, Slack基本編
-, ,

© 2021 TAKAHI