Slack Slackチャンネル Slack基本編

Slackのチャンネルとは?|作成方法や削除方法まで解説

2020年7月25日

https://ishikawa-blog.com

初心者の方であれば誰もが最初に気になるチャンネルについて解説していきます。「#マーク」の意味など気になりますよね。

そこで今回は、Slackを使うために必須となるチャンネルの意味について詳しく解説していきます。チャンネルの意味がわかればその後の運用にも役に立ちます。正しく理解しSlackをもっと便利に使いこなしていきましょう。

チャンネルの意味とは

チャンネルの意味がわからない方、安心してください。わかりやすく簡単に説明します。まず、TVを思い浮かべてください。TVにはチャンネルが存在します。チャンネル毎にTV局が違いますよね。
それと同様にSlackも考え方は同じです。例えば、営業部と人事部でチャンネルを分けて運用すれば部毎のチャンネルができます。これは先程のTV局と意味は同様になります。つまり、TV局=営業部・人事部と同じ意味になります。

また、チャンネルを部屋という考え方にしてみるのもわかりやすいです。休憩室、会議室、などのチャンネルを作れば雑談や会議もできます。

考え方の例題まとめ

ワークスペース=会社

チャンネル=部署(部屋・オフィス)

もしも、チャンネルについてわかりにく点や誤りなどございましたら大変お手数ですが、この記事の下の方にコメント欄をご用意していますのでフィードバックをお送りください。

チャンネルの役割

Slackで行えるチャンネルの活用方法は数多く存在します。今回は3つに絞ってご紹介します。

チャンネルの役割

  • コミニュケーション管理
  • データ共有(ファイル等)
  • プロジェクト管理

チャンネルの役割は、全てのコミュニケーションをチャンネル毎に管理していることです。これにより、運用目的を明確に区別することができます。

また、チャンネル内でデータ共有ができることや複数のプロジェクトもチャンネルを切り替えて管理することができます。

とても便利な機能ですね。

slack チャンネル

チャンネルの種類は2種類

Slackのチャンネルは、大きく2種類に分けられます。

  1. #のパブリックチャンネル:メンバーであれば誰でも参加可能なチャンネルです。内容の検索も行う事ができます。デフォルトの状態では、メンバーであれば誰でもパブリックチャンネルの作成が可能です。
  2. 鍵ありのプライベートチャンネル:招待されたメンバーのみ入室可能なチャンネルです。こちらもデフォルトの状態では、メンバーであれば誰でもプライベートチャンネルを作成することができます。

slack チャンネル

状況に応じて、2つのタイプのチャンネルを使い分けていきましょう。

#(ハッシュタグ)マークの意味

これは、単にチャンネルを表すアイコンです。SNSのような#(ハッシュタグ)でリンクを生成し紐づけるような機能ではありません。

正しくは、#マークはパブリックチャンネルという意味です。この他に、鍵マークのチャンネルもあります。プライベートチャンネルの時に鍵マークのアイコンが表示されます。

チャンネルの新規作成と削除する方法

ここからは、チャンネルの作成方法と削除方法について解説していきます。実は、デスクトップからできても、スマホアプリではできないなどの違いがあります。そのような違いなど操作方法もまとめて解説しています。

是非、参考にしてみてください。

チャンネルの作成方法

チャンネルの作り方は、デスクトップとスマホアプリでは(UIデザイン)視覚的にも違いがあるので、それぞれわかりやすく解説していきます。

参考
チャンネル作成方法|Slackでチャンネルを作ってみよう

Slackを利用するために必ず必要になるのがチャンネルです。チャンネルがないと何 ...

続きを見る

チャンネルの削除方法

デスクトップからチャンネルを削除する方法を公開しています。ちなみに2021年2月時点では、スマホアプリからチャンネルを削除することはできません。詳しくはこちらの記事で確認してください。

参考
チャンネル削除|Slackで不要になったチャンネルの消し方

Slackを使っていると必ず不要になるチャンネルが出てきます。もちろん消すことは ...

続きを見る

まとめ

今回は、Slackの意味について解説しました。意味を理解することで今後のチャンネル運用に役立てることでしょう。

目的に応じたチャンネルを設置する事により、Slackでのメンバーとのコミュニケーションをより円滑に行う事ができます。チャンネル作成をマスターし、是非Slackを活用した実務に役立ててください。

また、新規チャンネル作成と削除方法についても詳しく解説していますので参考にしてみてください。

まとめ記事

1

新型コロナの影響を受け注目を集めるのが、リモートワークやホームオフィスに役立つク ...

2

Slackは世界中で一番使用されているビジネス用チャットツールです。単なるメッセ ...

-Slack, Slackチャンネル, Slack基本編

© 2021 TAKAHI