Slack Slack外部連携

SlackにGoogleドライブを連携して使ってみよう|簡単設定ガイド

2020年10月14日

https://ishikawa-blog.com

Slackは単なるチャットツールではなく、様々な外部アプリと連携して情報のやりとりをよりスムーズにしてくれるコミュニケーションツールです。

今回は、ストレージツールの中でも特に人気の高いGoogleドライブとの連携方法についてご紹介します。

SlackとGoogleドライブを連携するメリットは?

Googleドライブの共有から発行されるリンクをSlack上で使用する場合は、SlackとGoogleドライブのアプリ連携は必要ありません。

しかし、連携を行っておくことでGoogleドライブの操作をよりスムーズに行うことができます。

GoogleドライブアプリをSlackにインストールしておくと、ワークスペースから直接ファイルにアクセスしたり、共有をすることが可能となるのです。

また、Slackにはワークスペースのストレージにプランによって最大容量が設定されていますが、Googleドライブ上のデータをSlack上で共有してもSlackの割り当て容量に影響はありません。
そのため大量のデータをSlack上で共有する時は、特に活用することをおすすめします。

注意点として、Slackを無料プランで使用している場合は、連携できるアプリの数に限りがあります。
無料プランと有料プランについて詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

参考
Slackは無料版で十分?有料プランとの違いを比較してみよう

Slackは、無料版でも十分使えるチャットツールなのか。有料版にする必要があるの ...

続きを見る

SlackとGoogleドライブを連携する方法

こちらでは実際にSlackとGoogleドライブを連携させる方法について解説します。

SlackでGoogleドライブを直接使用するには、2つのステップが必要です。

  1. SlackにGoogleドライブアプリを連携させる
  2. SlackのアカウントとGoogleドライブのアカウントを紐づける

SlackのワークスペースとGoogleドライブアプリの連携は、1つのワークスペースに対して一回だけとなります。他のメンバーがすでに連携の設定を行っている場合は、再度行う必要はありません。

SlackのアカウントとGoogleドライブのアカウントの紐付けは、各メンバーが各自で設定を行う必要があります。

参考
Slackスケジュール管理App|Googleカレンダー連携方法

Slackはチャットを使って、チャンネルでメンバーとコミュニケーションをとるため ...

続きを見る

参考
SlackにGmail連携させたら便利すぎた|誰でもできる超簡単設定

Slackは同ワークスペースに登録したメンバーとのみ、メッセージのやりとりを行う ...

続きを見る

step
1
Googleドライブアプリを検索し追加

ワークスペースの左サイドバー下にある+ボタン(アプリを検索する)をクリックし、Googleドライブの追加をクリックしてください。

こちらに表示がない場合は、『Googleドライブ』で検索を行いましょう。

Slack Googleドライブ連携

画面が切り替わったら、Slackに追加をクリックします。

Googleドライブ

step
2
内容を確認し許可する

内容を確認し、許可するをクリックします。これでSlackとの連携は完了です。

Googleドライブ

step
3
Googleドライブアカウント紐付け

SlackにGoogleドライブアプリを連携させたら、次にアカウントとの連携を行いましょう。

アカウントの連携をまだ行っていない場合、Googleドライブのリンクをメッセージで投稿すると、Slackbotから連携を促されることがあります。

Slack Googleドライブ連携

こちらのbotからでも連携の設定が可能です。

step
4
設定画面に移動

ワークスペースの左サイドバー下にある+ボタン(アプリを検索する)をクリックします。
Appの検索ページが開くので、『Googleドライブ』を検索フィールドに入力し、結果からGoogleドライブを選択します。

Slack Googleドライブ連携

次にGoogleドライブの設定をクリックします。

Slack Googleドライブ連携

step
5
アカウントの認証を行う

ブラウザで連携設定用のページが開くので、Googleドライブアカウントを認証するをクリックします。

step
6
完了

Slackと紐付けを行うGoogleアカウントを選択し、最後に許可をクリックしましょう。

Slack Googleドライブ連携これで、SlackとGoogleドライブアカウントの紐付けが完了です。

SlackからGoogleドライブを使ってみよう

ワークスペースとGoogleドライブの連携、アカウントの紐付けが完了すると、Slack上で直接Googleドライブにアクセスが可能となります。

こちらでは、新規ファイルを作成する方法と、既存ファイルを他のメンバーに共有する方法をご紹介します。

Googleドライブにファイル作成しよう

新規でGoogleドライブにファイルを作成する場合は、まずメッセージウィンドウの稲妻マークをクリックします。

表示される項目Google Driveから、作成したいファイルの形式を選択しましょう。

Slack Googleドライブ連携

Googleドライブのファイルを共有しよう

Googleドライブのファイル共有も、アプリの連携を行っていれば非常に簡単です。

メッセージ入力フィールドにあるクリップマークをクリックし、Googleドライブを選択します。

共有ファイルの選択画面が表示されますので、共有を行いたいファイルを選択し、Selectボタンをクリックしましょう。

Slack Googleドライブ連携

共有先へのファイル操作の権限がまだ設定されていない場合は、後からSlack上で変更を行うことが可能です。

Slack Googleドライブ連携

SlackとGoogleドライブを連携する方法まとめ

Googleドライブは、クラウドストレージの中でも特に人気の高いツールです。ユーザー数も多く、実務に取り入れている企業も多く存在します。

前述通り、従来のリンクを貼る方法でもGoogleドライブ上のファイルは共有できますが、Slackとアプリ連携を行っておくことでより効率的にツールの使用が可能となります。

無料プランの場合、Slackとアプリの連携には上限がありますが、Googleドライブのユーザーであれば連携を考慮することをおすすめします。

まとめ記事

1

新型コロナの影響を受け注目を集めるのが、リモートワークやホームオフィスに役立つク ...

2

Slackは世界中で一番使用されているビジネス用チャットツールです。単なるメッセ ...

-Slack, Slack外部連携
-, ,

© 2021 TAKAHI